2018年4月16日 (月)

相続税の申告は簡単!?

相続税の申告をしなければ!

初めてなので何もかも分からない!

相続税って難しい!?

何から手を付ければいいのやら・・・

youtubeにこんな動画がありました。

どうなのかな~?






日本の相続税
相続税の計算

2013年12月12日 (木)

相続人の中に養子がいるとき

法定相続人の数に含める被相続人の養子の数は、一定数に制限されています。

(1)  被相続人に実の子供がいる場合 →  一人までです。

(2)  被相続人に実の子供がいない場合 →  二人までです。


  ただし、養子の数を法定相続人の数に含めることで相続税の負担を不当に減少させる結果となると認められる場合、その原因となる養子の数は、上記(1)又は(2)の養子の数に含めることはできません。

※ なお、次のいずれかに当てはまる人は、実の子供として取り扱われますので、すべて法定相続人の数に含まれます。

(1)  被相続人との特別養子縁組により被相続人の養子となっている人

(2)  被相続人の配偶者の実の子供で被相続人の養子となっている人

(3)  被相続人と配偶者の結婚前に特別養子縁組によりその配偶者の養子となっていた人で、被相続人と配偶者の結婚後に被相続人の養子となった人

(4)  被相続人の実の子供、養子又は直系卑属が既に死亡しているか、相続権を失ったため、その子供などに代わって相続人となった直系卑属。なお、直系卑属とは子供や孫のことです。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4170.htm

より

相続にまつわるエトセトラ 相続税について 相続の基本

2013年6月18日 (火)

相続の一般的効果

相続により相続人は原則として被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継します。

但し、一身専属的権利については相続が発生しても承継されません。

(例)
 ・ 使用貸借における借主としての地位
 ・ 委任における委任者あるいは受任者としての地位
 ・ 民法上の組合の組合員としての地位


(参考書籍)

いま親が死んでも困らない相続の話

いま親が死んでも困らない相続の話 (ソフトバンク新書)

相続であわてない、もめないための必携書!
相続が醜い「争族」を生んでしまうのは、何より事前の備えを怠ったためです。
相続税等申告件数年間300件を誇る相続ナンバーワン税理士法人代表が、豊富な実例を引きながら、
あわてない、もめない相続の極意と心構え、そして最新の相続税対策をお教えします。

「相続」と聞くと、お金持ちの話、ウチは関係ないと思うかもしれません。しかしむしろ小額の場合のほうがトラブルが発生しやすいのです。
「ウチは家族円満だから大丈夫」「法律で決められたとおりに」と思っていても、相続が「争族」を生んでしまうケースは腐るほどあります。
また、仮に何もトラブルがなかったとしても、相続に際しては膨大な事務手続きが待っています。

ほとんどの人にとって初めて経験する相続は、準備不足のまま迎えてしまうと、家族間の亀裂や絶縁、また深刻な心理的ダメージを
追ってしまう可能性が高いのです。
そうした事態を回避するための知恵とノウハウを、豊富な実例を紹介しながら解説していきます。

また、相続税法の改正新法が数年後に施行され、これまで相続税の課税対象とならなかった場合でも、
新たに対象となるケースが一挙に増える見込みです(約1.7倍)。
そうした事態に備えて、改正法の骨子と節税対策なども詳述しています。

 姫路の相続

無料ブログはココログ